「こうすれば稼げます」じゃなく、【 実際に稼げたHP 】です! ないものはない!お買い物なら楽天市場 ビジネス情報発信は、「ネットで稼ぐ情報便」へ!

2010年01月22日

カレーの日

 カレーの嫌いな人はあまりいないんじゃないかと思います。現在は色々なカレーがありますね。
1982(昭和57年)年、全国の小中学校の給食で一斉にカレーのメニューが出されました。

 そこで、今日はカレーの日なんだそうです!!

 ところで、今のカレーは具材が全部ルーのなかに溶け込まれていて、どこにニンジンやジャガイモがあるのかわかりませんね。昔懐かしい、子供の頃母が作ってくれたカレーライスはゴロゴロとジャガイモなどが入っていました。ですから今のカレーのようにジャガイモが入っていないと、何となく物足りないという同年代の方も多いと思いますよ。

 ご存知のように、カレーはインドが発祥の食べ物です。それが、18〜19世紀ごろにイギリスを経て、やがて日本にも明治初年の頃渡ってきました。
 それも当初は「文明開化の食べ物」として、いわばファッションのように受け止められていたので、日本人の味覚に必ずしもあっていた訳ではありませんでした。
 それに中に入れるものも、玉ねぎではなく日本ネギでした。玉ねぎは、明治になってから渡来したもので、まだまだ普及はされてなかったのです。ジャガイモも量産されていた訳ではなかったこともあり、用いられていませんでした。その後、玉ねぎやジャガイモが普及するとともに、カレにも入れられるようになった訳です。

 それでは、カレーにジャガイモを入れると、どんな効果があるのでしょうか?
人間の味覚は、だれしも同じという訳ではありません。辛いのが好きな人もいれば、辛さが苦手の人もいます。カレーは、そういった好みをある程度調節することが出来るのです。辛すぎると思った人は、まずライスとカレーを混ぜて調節します。そして、それでもまだ辛いと思ったならば、ジャガイモをスプーンでつぶせばよいのです。つぶしたジャガイモをカレーに混ぜれば、辛さが弱まります。
 「カレーライスのジャガイモは形が残っていたほうがよい」というのはこの為だったんですね。

    **************************

 
posted by HIKO at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
インフォタイプ 欲しいものがきっと見つかる厳選された商品が豊富に揃ったネットショップ。ぜひご覧あれ!! 人気ブログランキングへ
人気商品

Seesaaショッピング
最近のトラックバック
人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。