「こうすれば稼げます」じゃなく、【 実際に稼げたHP 】です! ないものはない!お買い物なら楽天市場 ビジネス情報発信は、「ネットで稼ぐ情報便」へ!

2010年02月03日

鬼は外、福は内

 今日は節分。
節分は太陰歴(旧暦)の立春前日で、旧暦新年の「七日正月」の前後に回ってきます。ですから、太陽暦に変わるまでは、節分は新年を迎える行司の一つだったのです。
 平安時代の宮廷では、大晦日になると「追儺」(ついな)といって鬼を追い払う行事をやりました。これは、恨みをもって死んだ人が鬼になって、災害をもたらすのだと信じられていたからです。
 これとともに、春の初めに神が訪れて、祝福を与えるのだという信仰も古くからあって、家に神を迎えるために、お祓いをする行事も行われていました。
 
 この鬼を追い払う行事と、神を迎える行事が一つになって、今日のように節分の行事ができていったのです。

 各地の神社で、節分になると除災神事を行いますが、これは江戸時代から行われています。
 節分には粽を作りますが、これは、立春、立夏、立秋、立冬という一年間の全ての節分に作られていましたが、これが次第に変わって粽は五月の節句だけに作られようになり、「節分」の言葉じたいも立春の前日だけを指すようになりました。

 そして、粽も後には豆に変わってきました。なぜ豆になったかは、定かではないのですが、始めは豆などではなく五穀であればなんでも良かったようですよ。
 ・・・尚、柊の枝に鰯を刺して門口に立てておく関東の風習は、鬼が鰯のにおいが嫌いだという俗信からきているようです。

     +++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:節分 豆まき
posted by HIKO at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
インフォタイプ 欲しいものがきっと見つかる厳選された商品が豊富に揃ったネットショップ。ぜひご覧あれ!! 人気ブログランキングへ
人気商品

Seesaaショッピング
最近のトラックバック
人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。