「こうすれば稼げます」じゃなく、【 実際に稼げたHP 】です! ないものはない!お買い物なら楽天市場 ビジネス情報発信は、「ネットで稼ぐ情報便」へ!

2010年02月07日

雪と氷

yukino.bmp 今年は心配された雪不足にも悩まされることなく、各地のスキーリゾートはホッと一安心というところでしょうかね。

 どっさりと降り積もった雪に閉ざされている北の国では、あちこちで雪にまつわる催しが行われています。北海道では「さっぽろ雪まつり」。「千歳・支笏湖氷濤まつり」。青森では、「弘前城雪灯篭まつり。岩手の小岩井農場では「岩手雪まつり」。新潟では「十日町雪まつり」等々。

 雪と同じように冬、気温が低いと氷も張ります。雪と氷・・・普段、私たちはこの二つについてはっきりと区別して考えていますね。だれも雪のことを氷と呼ぶ人はいませんし、ツルツルに凍った氷を雪と呼ぶ人もいません。
 でも、同じ対象をさして、ある人は「雪」と呼び、ある人は「氷」と呼ぶ場合もあります。例えば、スキー場でよく見られる、カチカチに凍ったアイスバーンです。大勢のスキーヤーによって踏み固められた雪がスキーのエッジも食い込まないぐらいに固まったものです。

 このように、氷のようになった雪は、はたして雪なのでしょうか、氷なのでしょうか?
なじみはありませんが、「雪氷学」という国際学会ももある学問では、はっきりと雪と氷の区別を設けています。
 それは、通気性(通水性)のあるものを雪、通気性のないものを氷としています。
詳しく説明すると、積雪は無数の雪の結晶からなっています。フワフワの新雪のときは、この雪粒の間には十分な空隙(すきま)があり、この空隙は互いにつながっています。

 積雪は自重によってだんだんとしまった雪に変化し、雪の中の空隙は小さくなりますが、密度0.5g/c
㎥(水の密度)1g/c㎥、氷の密度0.917g/c㎥)程度でしたら、まだ十分に通気性を保っています。
 さらに雪がカチンカチンに固まり、密度が0.85g/c㎥ぐらいになると、雪の中のそれまで連結していた空隙は孤立した気泡になり、雪は通気性を失います。この段階で、雪は氷に変化したことになるわけです。

    +++++++++++++++++++++++++
タグ: 雪まつり
posted by HIKO at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140460745
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
インフォタイプ 欲しいものがきっと見つかる厳選された商品が豊富に揃ったネットショップ。ぜひご覧あれ!! 人気ブログランキングへ
人気商品

Seesaaショッピング
最近のトラックバック
人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。