「こうすれば稼げます」じゃなく、【 実際に稼げたHP 】です! ないものはない!お買い物なら楽天市場 ビジネス情報発信は、「ネットで稼ぐ情報便」へ!

2010年05月02日

八十八夜

 koi.gif.bmp
 立春から数えて八十八日目の今日は「八十八夜」(雑節)の一つ)。

 ”夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が繁る。
              あれに見えるは茶摘じゃないか”

 唱歌にもあるように新茶の摘み時期にもあたります。お茶屋さんにも新茶ののぼりが立ち、あぁやっと夏が来るんだなぁ、と感じますね。

 お茶といえば、茶道などの日本的文化もあって、日本古来のもののように思われますが、日本にお茶が入ってきたのは奈良時代のことです。
 遣唐僧が中国から持ってきたもので、当時の茶は、乾燥させた茶の葉を臼で粉にして練り固めた団子状のもので「団茶」と呼ばれていました。

 中国南西の山岳地帯を原産とする茶は、もともとは薬として用いられていました。
この団茶ですが、当初は薬としてよりも、修行僧などの目覚ましに使う清涼剤としての役割が強かったようです。お茶のなかのカフェインが大脳を刺激し、頭をスッキリさせて、疲労感や倦怠感を吹き飛ばしてくれたからでしょうね。

  しかし、日本に入ってきた当時は、薬としての価値のほうが重くみられたのか、時代が移り京都に平安朝を開いた桓武天皇は、茶園を典薬寮という現代でいえば厚生労働省の薬品部門に当たる役所に管理をさせています。

 現代と同じ抹茶が入ってきたのは鎌倉時代の初め、これも中国の宋代(960〜1279年)に行われていたもので、持ってきたのは禅の研究に中国に行っていた栄西上人という僧でした。これによって、日本の飲茶や茶道が発展することになるのですが、栄西上人は茶について「喫茶養生記」(きっさようじょうき)なる書物を著しました。
 この中には、脚気、食欲不振、腎臓病、中風、瘡病、便秘、眠気、渇きなどの諸病に効き目があるということが書かれてあります。

 お茶のもとは、やはり栄西上人が持ち帰った江南種の茶の実で、各地に広まりました。

       +++++++++++++++++++++++++

      
 
赤ちゃんからお年寄りまで飲める【熟成三年番茶】オーサワジャパン
有機JAS認定品 さっぱりして上品な味の三年番茶食養のお茶の代表の番茶です。カフェインがなく刺激が少ないので、生まれたての赤ちゃんからお年寄りまでいただけます。本品は京都府・奈良県で農薬や化学肥料・除草剤を一切使用せずに栽培された、生育3年以上経過したお茶の葉と茎を主原料とし、さらにそれらを2?3年ねかして、丁寧に焙煎した香ばしい熟成三年番茶です。茎70%、葉30%の割合で入っています。ほどよい陽性のお茶ですので、どんな体質の方にも安心してお召し上がりいただけます。
504円
     
posted by HIKO at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148480553
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
インフォタイプ 欲しいものがきっと見つかる厳選された商品が豊富に揃ったネットショップ。ぜひご覧あれ!! 人気ブログランキングへ
人気商品

Seesaaショッピング
最近のトラックバック
人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。