「こうすれば稼げます」じゃなく、【 実際に稼げたHP 】です! ないものはない!お買い物なら楽天市場 ビジネス情報発信は、「ネットで稼ぐ情報便」へ!

2010年07月04日

七月の呼び名

ominaeshi.jpg
 今日は、アメリカ合衆国の独立記念日。
 私、高校時代まで横田基地の近くに住んでいましたので、この独立記念日の日は、一般民間人にも基地を開放して内部で行われるお祭に参加出来たり、戦闘機のコックピットなどが見学出来ました。恥ずかしながら私、この時初めてコカコーラなるものを飲みましたよ。あまり美味しいというものではなかったような気がしたものです。アメリカ人はよくこんなものを飲めるな、と思ったものですよ。

 ところで、旧暦の七月は、星がきれいな新暦でいう八月の頃です。七夕やお盆のころですね。
笹竹に願い事を書いた短冊をぶらさげますね。これは七夕竹につける文をひろげる「文被月」(ふみひらきづき)(ふみひろげづき)。「文月」ともいいます。七夕のころだから「七夕月」。お盆に供える花の一つで欠かせないのが「女郎花」(おみなえし)、この花が咲くころなので「女郎花月」。「蘭月」(らんげつ)とも呼びます。 

 梅雨が明けて夏本番を迎えます。蛙の声と蝉の声の大合唱の季節がやってきます。子供たちにとってはうれしい夏休みですね。

       ***************************

  学生の皆さん。夏休み中に故郷に帰省するなら、格安の夜行高速バスが便利でお得ですよ。

posted by HIKO at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

父の日の花

bara.jpg
 今日は父の日。

 母の日の花はカーネーションなのは良く知られていますが、さて、それでは父の日の花は何でしょうね。

 日本バラ切花協会では、父の日にはバラの花を贈るキャンペーンを展開しています。何故バラなのか? これは、父の日の由来に関係しています。

 日本ファザーズ・ディ委員会によりますと、1909年に米ワシントン州で一人の女性が「母の日があるのだから、父の日もあって然るべき、どうか父の日を作って欲しい」と牧師協会に呼びかけたのが発端といわれています。

 女性の母は早くに亡くなり、父親は再婚もせず残された6人の子供たちを育て上げました。その末娘が父親への感謝の気持ちから父の日の設置を懇願したのだそうです。6月に亡くなったこの父親の墓前には、季節の花でもあるバラの花が供えられていたことに因み、父の日の花はバラになったということです。

 世のお父様方、バラの花と一緒に何かプレゼントは貰えましたか?

      +++++++++++++++++++++++++

posted by HIKO at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

雨の季節

 あじさいがぼちぼちと咲き始めました。画像 004.jpg

 六月というと、うっとうしい梅雨を思い浮かべますよね。

 六月の呼び名は、旧暦に直すと七月にあたりますので、夕方になると雷が鳴って「鳴神月」。雷が鳴ったら梅雨明け、で、「水無月」(みなづき)。風もやんで、夏らしい季節になるので、「風待月」、「常夏月」。暑いので蝉の羽根のような薄い衣をはおる「蝉の羽月」。

 とはいっても新暦では梅雨入りのころで、雨の季節です。


     ***************************

 サッカーファンお待ちかね、”ワ−ルドカップ”がいよいよ開幕です。
   ガンバレにっぽん・・・!

  

   海外サッカーグッズをお求めなら
     
タグ:梅雨 水無月
posted by HIKO at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

接吻

画像 049.jpg
 五月のこの季節、菖蒲の花がきれいです。
 
 こい(五)ぶ(二)み(三)の語呂合わせで、今日はラブレターの日。ついでに、昭和21年(1946)、日本で始めてキスシーンが登場する映画「はたちの青春」が封切りされ、ほんの少しくちびるが触れ合うだけのキスシーンに日本中は大騒ぎになりました。今では人目も憚らず路上などでもチューチュー、目のやり場に困ります。

 「鼻と鼻とがおじゃまになって、キスもできないテングさん、細君大事にしやさんせ、コノおもしろや」
という戯れ歌が花柳界に流行したのは明治七年。してみると、この頃すでにキスという言葉は通人の間では広まっていたものらしいですよ。

 「接吻」という言葉はキスの訳語。この言葉が使われだしたのは、明治20年頃で、それまでは口吸とか啜面、または漢語に出てくる親嘴などという、何とも気分も出ない言葉が使われていたのです。「セッ」とはずみをつけて「プン」と口をとがらす語感がぴったりで、日本語として定着したもののようです。多分外国文学の翻訳者が発案者であったのでしょうね。

 外国人のように挨拶がわりに行われる習慣としての接吻の意味は、この頃になってようやく日本人にもわかってきたようで、それまでは、口吸などといえば、即情交を意味していたので、公然とは人前では言いにくい言葉でした。それがようやく西洋の風俗を知り、国内にも自由恋愛の気風が生まれてきたのにつれて、接吻という新しい言葉になって解放されたといって良いでしょう。
 明治20年1月の「時事新報」には、「接吻の風習を起こすべし」として、「男女はハゲしい時には身体をすり合わせなければ満足しないものだ。妙齢の女性が春を思うのも、自然の理性より出るもの。大いに接吻すべし」という”社説”を掲げています。天下の新聞がいまでは考えられませんね。

        ************************

  父の日プレゼントするならネクタイ・シャツ通販「バイラル」!ラッピングも無料!
posted by HIKO at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

森林の日

 野山に若葉が光り輝き、今、新緑が一番美しい時期です。濃緑、薄緑などコントラストの妙もすばらしい景色ですよ。たまには森林浴などお出かけになってみてはいかがですか。

 今日は森林の日。

    +++++++++++++++++++++

 さぁ、いよいよサッカーワールドカップが南アフリカで開催されます。
      日本、ガンバレ!!

         
タグ:森林 年輪
posted by HIKO at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

旅の日

 今は旅行といえば車で出かけるのが定番でしょうか。ゴールデンウィークでのあの高速道路の渋滞はすごかったですね。
 私はやはり旅行は電車が良いですね。駅弁・ビールなど食べながら車窓の風景を眺める。至福の時間ですよ。

 元禄二(1689)年三月二十七日(新暦の5月16日)、松尾芭蕉が「奥の細道」への旅立ちの日です。
今日は旅の日。

 ところで、旅情をかきたてる場所はというと東北という方がおられるかな?演歌にも歌われる東北本線、起点始発駅は上野駅となっています。が、本当は東京駅なんですよ。東北新幹線は別にして、東京発の東北本線の列車なんて一本も走ってないのに、何故東京駅が起点?

 実はこの鉄道路線の起点・終点は、その線区ができたときの歴史的事情によるもので、現在の列車の運行状況とは直接の関係はないのです。

 東北本線は明治39年(1906)に国鉄(現在のJR東日本)が民間から買収し、当時の起点は上野駅でした。そして大正14年(1925)に東京駅までつながったので、起点も東京駅に移ったのです。ですが、東京〜上野間は、列車を走らせるだけの線路の余裕がないので、列車は上野始発のままで現在に至っているのです。

 このように、線区の起点・終点はいわゆる戸籍のようなものなので、実際の列車の運行と食い違っている場合があります。

 ちなみに、東京の山手線は、戸籍でいうと品川を起点として新宿を経由し、田端で終点となる半周程度の線区にすぎません。田端〜東京間は東北本線、東京〜品川間は東海道本線というわけです。つまり、山手線の電車は、東北本線と東海道本線の線路を借用して環状運転をしているのです。

      **********************
 
posted by HIKO at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

アイスクリーム


 ツツジや藤の花が満開の季節です。tutuji.jpg 

 「・・・珍しきものあり。氷を色々に染め、物の形を作り、是を出す。味は至って甘く、口中に入るるに忽ち溶けて、誠に美味なり。之をアイスクリンといふ」

 これ、万延元年、勝 海舟を始めとする徳川幕府一行が咸臨丸で渡米した折、初めて食べたアイスクリームの感想を記したものです。

 明治2年、日本で始めて「アウスクリン」の名前で販売されたアイスクリームは、横浜の「こおりみずや」という名前の店。後に銀座の資生堂パーラーでも、タマゴの黄身とレモンの香りのしゃれたフランス風アイスクリームが売り出され、評判となりました。

 今日はアイスクリームの日。

    *****************************
    
posted by HIKO at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

八十八夜

 koi.gif.bmp
 立春から数えて八十八日目の今日は「八十八夜」(雑節)の一つ)。

 ”夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が繁る。
              あれに見えるは茶摘じゃないか”

 唱歌にもあるように新茶の摘み時期にもあたります。お茶屋さんにも新茶ののぼりが立ち、あぁやっと夏が来るんだなぁ、と感じますね。

 お茶といえば、茶道などの日本的文化もあって、日本古来のもののように思われますが、日本にお茶が入ってきたのは奈良時代のことです。
 遣唐僧が中国から持ってきたもので、当時の茶は、乾燥させた茶の葉を臼で粉にして練り固めた団子状のもので「団茶」と呼ばれていました。

 中国南西の山岳地帯を原産とする茶は、もともとは薬として用いられていました。
この団茶ですが、当初は薬としてよりも、修行僧などの目覚ましに使う清涼剤としての役割が強かったようです。お茶のなかのカフェインが大脳を刺激し、頭をスッキリさせて、疲労感や倦怠感を吹き飛ばしてくれたからでしょうね。

  しかし、日本に入ってきた当時は、薬としての価値のほうが重くみられたのか、時代が移り京都に平安朝を開いた桓武天皇は、茶園を典薬寮という現代でいえば厚生労働省の薬品部門に当たる役所に管理をさせています。

 現代と同じ抹茶が入ってきたのは鎌倉時代の初め、これも中国の宋代(960〜1279年)に行われていたもので、持ってきたのは禅の研究に中国に行っていた栄西上人という僧でした。これによって、日本の飲茶や茶道が発展することになるのですが、栄西上人は茶について「喫茶養生記」(きっさようじょうき)なる書物を著しました。
 この中には、脚気、食欲不振、腎臓病、中風、瘡病、便秘、眠気、渇きなどの諸病に効き目があるということが書かれてあります。

 お茶のもとは、やはり栄西上人が持ち帰った江南種の茶の実で、各地に広まりました。

       +++++++++++++++++++++++++

      
 
赤ちゃんからお年寄りまで飲める【熟成三年番茶】オーサワジャパン
有機JAS認定品 さっぱりして上品な味の三年番茶食養のお茶の代表の番茶です。カフェインがなく刺激が少ないので、生まれたての赤ちゃんからお年寄りまでいただけます。本品は京都府・奈良県で農薬や化学肥料・除草剤を一切使用せずに栽培された、生育3年以上経過したお茶の葉と茎を主原料とし、さらにそれらを2?3年ねかして、丁寧に焙煎した香ばしい熟成三年番茶です。茎70%、葉30%の割合で入っています。ほどよい陽性のお茶ですので、どんな体質の方にも安心してお召し上がりいただけます。
504円
     
posted by HIKO at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

薫風香る五月


 薫風香る五月。そのものずばり、今日は素晴らしい天候の日となりました。

 旧暦の五月は、梅雨時期の新暦六月の頃。bara.jpg
「皐月」の呼び名はご存知の通り。五月の連休、田植えに借り出される人もいるでしょうが、「早苗月」。「五月雨月」は文字通り梅雨の長雨のこと。雨ばかりで月も見えないことから「月見ず月」。瑞々しい若葉の映える「橘月」。もう夏の気配がして、山ではカッコウが鳴き始めます。

 五月の花といえば、バラですね。

     +++++++++++++++++++++++++++++

     
タグ:薫風 五月 皐月
posted by HIKO at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

りんごの花

 りんご.bmp

 りんごを栽培している農家のりんご園では今真っ白い花が真っ盛り。でも、何かこの所の寒さで花もいかにも寒そうにはなびらを震わせています。

 ”りんごの花のトンネルを潜り抜けて、アンは、グリーンゲイブルスにやってきました”
今日は「赤毛のアン」の原作者、モンゴメリが亡くなった日です。

      +++++++++++++++++++++++++++

1日のアクセス数が35しかない ブログで、たった12日間で14万9千円稼ぐ方法

日本国内のブログ総数は、2000万以上とも言われており、巨大な市場になっています。
そんな中で最も読まれないブログは何か知っていますか?


それは、日記です。もちろん、あなたが有名人・著名人であれば話は別です。
が、誰もあなたの日記に興味はないのです。残念ながら。

あなたがどこで何を食べて、どんな洋服を着て、
どこへ出かけようと関係ないのです。


「じゃぁ、ブログを書くなって言いたいんですか?」


違います。そうではなく、目的を持って書いてみてはいかがですか?
とオススメしたいのです。

なぜかと言いますと・・・
感謝されて、お金をもらいながらブログを書き続けることが可能だからです。


「え?無料ブログで記事更新するだけで、お金を貰えるんですか?」

はい、貰えます。
もちろん、ただ何となく書いていてはそんな事はあり得ません。


が、戦略的に記事を書き続けることで、キャッシュポイントを作り出す事が
あなたにも可能になります。


ここだけ読みますと、なんだか怪しい話に聞こえてしまいますよね?
ですので、もう少し具体的なお話しをあなたにお伝えします。


http://www.tmaweb.biz/21316/

posted by HIKO at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
インフォタイプ 欲しいものがきっと見つかる厳選された商品が豊富に揃ったネットショップ。ぜひご覧あれ!! 人気ブログランキングへ
人気商品

Seesaaショッピング
最近のトラックバック
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。